【ℓ(リットル)】は英語で通じる?通じない?記号の由来と語源もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

液体の容量の単位【ℓ(リットル)】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ℓ(リットル)】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ℓ(リットル)】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ℓ(リットル)」は英語で【通じない】

液体の容量を表す単位の一つで、飲み物などの量を表す事にも使われる「ℓ(リットル)」は英語でそのまま言っても通じにくい表現です。

「リットル」は英語で[liter]と書くので、そのままでも良さそうに見えますが、問題なのはその発音。

スポンサーリンク

英語の[liter]の発音は「リター」といった読み方になるので、日本語の「リットル」とは全然違うんですね。

ちなみに、1リットルの10分の1である「デシリットル」は英語で[deciliter]となり、発音は「デーシリター」、1リットルの1000分の1である「ミリリットル」は[milliliter]となり、発音は「ミリリター」といった感じになります。

例文として、「彼女は毎日2リットルの水を飲んでいる。」は英語で[She drinks two liters of water every day.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

例文のように、英語では単位についても2以上になると複数形の[s]が付くので、「3リットル:three liters」、「4デシリットル:four deciliters」、「5ミリリットル:five milliliters」などとなるのを忘れないようにしましょう。

ちなみに、「ℓ(リットル)」の語源は昔フランスで穀物の容量を表していた[litron]が由来だと考えられていますよ。

合わせて、液体を持ち運ぶ為の【水筒は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました