【再来週】は英語で何て言う?「再来週の月曜日」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

次の次の1週間【再来週】は英語で何て言う?

次の次の週【再来週】は英語で何て言う?
次の次の週【再来週】は英語で何て言う?

「再来週」は英語で【the week after next】

現在の1週間から考えて、次の次の1週間(翌々週)である「再来週」は英語で[the week after next]などと表現します。

ここで使われている[after]は「後に」、[next]は「次の」という意味なので、英語では「次の後にくる1週間」というニュアンスで再来週を表現する訳ですが、これよりも簡単でよく使われる表現があります。

スポンサーリンク

再来週の英語として、最も一般的な表現は[in two weeks]です。

ちょっとあまりにも初歩的過ぎて拍子抜けしてしまいますが、再来週を表現する場合、英語では「来週の次」ではなく「2週間後」と考える訳ですね。

例文として、スケジュール調整をしている際の「再来週の月曜日はどうですか?」は英語で[How about Monday in two weeks?]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

また、特に曜日を指定しない再来週の英語としては、「再来週に出発するんです。:We’re leaving in two weeks.」なんて表現が使えますよ。

念の為注意したいポイントとして、再来週は「2週間後」の事なので、必ず[2 weeks]と複数形になる事は忘れないようにしましょう。

合わせて、再来週の予定などを【延期するは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました