トルコの小学校を訪問→子供にモテる必殺アイテムとは【世界を旅する私の話(6)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トルコの小学校を訪問→子供にモテる必殺アイテムとは
トルコの小学校を訪問→子供にモテる必殺アイテムとは【世界を旅する私の話(6)】

<トルコの小学校を訪問→子供にモテる必殺アイテムとは>世界を旅する私の話(6)

今回は私が世界一周中に、トルコで経験したとても楽しかった思い出です。

トルコに滞在していた私、サフランボルという街に着き、一人でぶらぶら歩いていました。

スポンサーリンク

どこからか音楽と子供たちの楽しそうな声が聞こえてきたので探してみると、見つけたのは小さな小学校。

ドアが開いていたので少しだけ顔を出して覗いてみると中では子供たちが音楽に合わせダンスをしていました。

可愛いな~と思っていると気づいた生徒たちがこっちに来て「中においでよ!」と腕を引っ張って招き入れてくれました。

先生たちに何か言われないかなと不安に思ったのですが、先生も歓迎してくれ、なんとターキッシュコーヒーまでくれるというおもてなしも!

スポンサーリンク

招き入れてもらったはいいものの、私はトルコ語が話せず、生徒たちも英語が話せずという状況で、会話ができず困った私はあるものを取り出しました。

それはデジタルカメラ!!

海外(田舎では特に)ではたまに「僕の写真を撮って!撮ったものを見せて!」とカメラを持っているだけで人気者になれることがあります。

案の定ここの生徒たちも食いついてきました。しかもすごい勢いで。笑

スポンサーリンク

そして、なぜか私と一緒に写りたがる生徒たちは、国民性なのか距離も近く、女の子たちは次々とハグをしてきたり顔をくっつけたり、ほっぺにキスをしてきたり。笑

あまりにも可愛くてすぐにメロメロになってしまいました♡

illustration by くのこ

仲良くなれた私たちは小学校の庭で一緒に卓球をすることに。

スポンサーリンク

2対2になりスタートしましたが、この卓球にルールはありません。笑

とにかく相手の陣地の方に打ち返せればOKという事で、みんな力任せに打ちまくるのであっちこっちに飛んで行きラリーが続かない…。笑

でも全員げらげら笑って楽しんでいたので私もつられて大笑いしてしまいました。

一人旅は寂しい時もありますが、こうやって現地の人と話して笑ってとてもいい思い出を作ることも出来るのが魅力なんです。

スポンサーリンク

次回は、トルコ最終日にお金を持っていない空腹の私を救ったまさかの人物をご紹介します!

 

今回の記事でも気になる、小学校で習う科目【国語は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました