【手取り額】は英語で何て言う?「月15万円の手取り」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

給料のうち実際に受け取れる【手取り額】は英語で何て言う?

給与の【手取り額】は英語で何て言う?
給与の【手取り額】は英語で何て言う?

「手取り額」は英語で【net income】

仕事をして支払われる給料の中で、必要な税金や社会保険料などが差し引かれて手元に残る金額「手取り額」は英語で[net income]などと表現します。

「ネット:net」と言えば「網」という意味が一般的ですが、他にも「純利益・原価」などの意味があります。

スポンサーリンク

よく商品の取引などでは、費用や手数料を差し引いた「原価」という意味で使われているように、給料・給与についても手数料(税金・社会保険料)を差し引いた手取り額を表現する事に使われている訳ですね。

また、「収入・所得」などを意味する[income]の代わりに、「給料」を意味する[salary]を付けて[net salary]と表現しても手取り額の英語として使えます。

例文として、「月の手取り額はいくらですか?」は英語で[What’s your monthly net income?]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

他にも「手取り額」の英語として、「家に持ち帰るお金」というニュアンスで[take-home pay]という表現もあります。

例えば、「月15万円の手取りで東京に住めますか?」は英語で[Can you live in Tokyo with a monthly take home pay of 150,000 yen?]なんて言えるので覚えておきましょう。

合わせて、税金や手取り額が記載されている【給与明細は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました