経営者一家の香港人は庶民的?→そんな訳ありませんでした!【私、外国人と働いています(15)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
経営者一家の香港人は庶民的?→そんな訳ありませんでした!
経営者一家の香港人は庶民的?→そんな訳ありませんでした!【私、外国人と働いています(14)】

<経営者一家の香港人は庶民的?→そんな訳ありませんでした!>私、外国人と働いています(15)

4話目のエピソードで、私が貿易会社で働いていた話をしましたが、その会社は香港人夫婦が日本で経営している会社でした。

一方で、その奥さんのお兄さんは香港で会社を経営しており、その弟もまた別の会社を経営しているとの事で、その時点で「経営者家族だ!きっと全員お金持ちなんだ!」と勝手にお金持ち家族を妄想していたのです。

スポンサーリンク

その噂の(?)お兄さんが仕事で1カ月間日本に来るという事で、私も通訳代わりに営業に付き合ったり一緒に食事をしたりしていました。

連日一緒に過ごしていると、普通にその辺のレストランで食事もするし、タクシーを使わず電車移動もするので意外と庶民的なのかなと思っていたある日の事。

一緒に外回りをしている際に3時間くらい空き時間ができてしまいまいました。

なんとも微妙な空き時間だったので、「カフェとかで休む?それともお土産とか買いに行く?」と聞いてみた所、お兄さんは「ロレックスの店はこの辺にあるかな?好きだから見に行ってみたいな。」と言い出したのです。

スポンサーリンク

私はロレックスのお店なんて行ったことなかったのですが、見に行くだけならと思い、お兄さんと一緒にロレックスの店舗を探して行く事にしました。

初めての高級店でスーツを着た店員さんたちに見られてドキドキしていたのですが、お兄さんは堂々と慣れた様子で見て回ります。

そして「これいいね。奥さんが喜びそうだ。」と一つの時計を指さしたのです。

店員さんにおいくらなのか確認すると、お値段なんと170万円!!!

スポンサーリンク

さすがにと思ったものの、一応お兄さんに値段を伝えると「170万円か!いいね、買うよ!」と即答するので私は思わず店員さんの前で「えっ?170万だよ?高いよ。今買うの?ここで!?」と言ってしまいました。笑

illustration by Akusha

そんな私のリアクションにお兄さんは笑いながら「うん、そんなに高くないよ~今円安だしね笑」と言ってその場で購入手続きを進めてしまったのです。

さすがだなと思って見ていたのですが、そのお買い物の後「良い時計が買えてよかった。実はこの日本滞在中にロレックスを3本買うのが目標なんだ!」と笑顔で言われ、目が飛び出るほどビックリしてしまいました。笑

スポンサーリンク

庶民的かなと一瞬思ったのがウソみたい!

やっぱり私とは住む世界が違う人なのでした。笑

今回の記事でも気になるお金持ちですが、お金持ちにも多いと言われる【ケチは英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました