ラッパー先生全力で遊ぶ→まさか女子生徒が大号泣…【私、外国人と働いています(6)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラッパー先生全力で遊ぶ→まさか女子生徒が大号泣…
ラッパー先生全力で遊ぶ→まさか女子生徒が大号泣…【私、外国人と働いています(6)】

<ラッパー先生全力で遊ぶ→まさか女子生徒が大号泣…>私、外国人と働いています(6)

私が都内のインターナショナルプリスクールで働いていた時の話です。

それは以前お話した強烈キャラのラッパー先生が働き始めて間もない頃。

スポンサーリンク

基本スクールでは先生も指定のTシャツを着てもらっているのですが、授業の始まる前のお遊びの時間では着替えることなく私服のまま過ごすこともあった彼。

その私服というのが基本ド派手で、人によっては威圧感を感じる服装だったのです。

以前の面接の際に着て来たような全身真っ黒でそろえている時もあれば、ルイヴィトンなどのブランド品で全身固めていることも。

その中でも彼のお気に入りであろう服が、ドクロが前面にでかでかと描かれたパーカーで、まるでハロウィンの仮装用に作られたような服なんです。

スポンサーリンク

保護者の方たちも彼を見ると「わっ、ドクロだ!すごいですね…」と苦笑いするほどのインパクト。

ラッパー先生は誰かが服の事を話すたびに嬉しそうに「YES!!」と言っていましたが、どうしてそんなに全てをポジティブに受け取れるのか不思議でした。笑

そして、この服を着てお遊びの時間に子供たちと追いかけっこをするのが彼の定番。

男子生徒たちは「わー!」「キャー!」「こっち来ないで!!」と言いつつ笑い転げながら走り回って逃げていましたが、問題は女子生徒。

スポンサーリンク

やはり見た目にインパクトがありすぎて、中には本気で怖がって泣き出す女の子達も。

illustration by Akusha

「怖い~~~」と言って私のところに泣きながら逃げてくる子も出てきてしまい、流石に放置できなくなってしまったのです。

泣いちゃう生徒がいるのは問題だねという事でラッパー先生と話し合って、その後ドクロ服を着て追いかけっこすることはなくなりました。

スポンサーリンク

ドクロの服なんか着なくても明るく元気で全力で生徒と遊んでくれるラッパー先生は生徒にも保護者にも大人気。

泣いてしまった子ともすぐに仲良くなって一緒に遊ぶようになっていましたよ。

次回は、オーストラリアの超好待遇で月給40万円貰える驚きの職場をご紹介します!

今回の記事でも登場した、ドクロ顔の【死神は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました