【土星】は英語で何て言う?「土星の輪・二番目に大きい」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

太陽系の惑星の1つ【土星】は英語で何て言う?

輪のある惑星【土星】は英語で何て言う?
輪のある惑星【土星】は英語で何て言う?

「土星」は英語で【Saturn】

太陽の周りを公転する太陽系惑星の1つで、2番目に大きな惑星である「土星」は英語で[Saturn]と表現します。

この[Saturn]という名前の由来は、古代ローマ神話の中で農耕の神である「サートゥルヌス(サトゥルヌス):Saturn」が語源となって名付けられたものです。

スポンサーリンク

ただし、日本語でローマ神の名前は「サトゥルヌス」ですが、惑星の[SaturnSaturn]の発音は「サターン」になるので間違えないように気を付けましょう。

例文として、「土星は太陽系で二番目に大きい惑星です。」は英語で[Saturn is the second largest planet in the Solar System.]などと言えばオッケーです。

また、土星と言えばその周りに浮かぶ輪(わ)が象徴的ですが、「土星の輪」は英語で[rings of Saturn]や[Saturn’s rings]などと表現します。

スポンサーリンク

この表現からもわかるように、土星の輪は複数あるので英語ではちゃんと[rings]と複数形が使われるので間違えないように気を付けましょう。

また、土星と言えば木星に次ぐ大きさがよく知られていますが、惑星の大きさを表す時によく使われる「直径」は英語で[diameter]と表現するんですよ。

合わせて、月が全て見えている状態の【満月は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました