【ハイタッチ】って英語で通じる?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

テンションが上がった時や、スポーツで良い結果が出た時などついついやりたくなる【ハイタッチ】は英語で通じる?

「ハイタッチ」は英語で【通じない】

英語で「ハイタッチ」[high-five]と言います。

腕を高く上げ、手のひらと手のひらをパンと合わせるあの動作がなぜ英語では「ハイタッチ」ではなく「ハイファイブ」になるのか不思議ですよね。

ちょっとイメージが湧きにくい人は、手の指が5本(ファイブ)あり、それを高い位置(ハイ)で合わせる事というイメージで覚えるとわかりやすいかもしれません。

また、この「ハイタッチ」に関連して、定番のフレーズ[Give me five!]を一緒に覚えておきましょう。

直訳すると「5をくれ」という何ともリアクションに困るフレーズですが、お察しの通り、これは5が欲しいわけではなく「ハイファイブをくれ(一緒にしよう)」という意味になるので、何か素晴らしい結果が出た時や、スポーツで良いプレイをした後など、笑顔で[Give me five!]と手をあげて近づいてくる人がいたら気持ちよくハイタッチをしてみましょう。

ちなみに、腰の高さでこの動作をする際は[low five]と言われ、[high five]と[low five]を組み合わせ、ハイタッチをした後にロータッチをすると見せかけて手を引っ込める[Too slow]というお決まりの冗談(?)があるので気になる人はチェックしてみて下さい。(リンクは英語版wikipediaの[too slow])

合わせて【英語で「エールを送る」に使われる表現は?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました