【真実の口】は英語で何て言う?「手を入れると食いちぎられる」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イタリアのローマにある観光名所【真実の口】は英語で何て言う?

ローマの【真実の口】は英語で何て言う?
ローマの【真実の口】は英語で何て言う?

「真実の口」は英語で【The Mouth of Truth】

イタリアのローマにある教会に飾られている彫刻で、映画の舞台にもなり観光名所となっている「真実の口」は英語で[The Mouth of Truth]などと表現します。

ここで使われている[mouth]は「口」、[truth]は「真実・心理」という意味なので、英語でも「真実の口」という直訳そのままの表現が使える訳ですね。

スポンサーリンク

ちなみに、イタリア語では「真実の口」を[Bocca della Verità](ボッカ・デッラ・ヴェリタ)と言い、この名前がそのまま使われる事もあるので覚えておきましょう。

また、真実の口と言えば噓つきが口に手を入れると手が食いちぎられるという言い伝えが有名ですが、そのような「伝説・言い伝え」を英語では[legend]などと表現します。

例文として、「言い伝えによると、嘘つきが真実の口に手を入れると食いちぎられるという。」は英語で[According to the legend, the Mouth of Truth will bite off the hand of any liar who places their hand in its mouth.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

ちなみに、真実の口が劇中に登場する事でよく知られている映画で、オードリー・ヘップバーンが主演した『ローマの休日』は英語では[Roman Holiday]と言うので覚えておきましょう。

合わせて、真実の口が登場する『ローマの休日』の名シーンの一つである【二人乗りは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました