【ソフトドリンク】は英語で通じる?通じない?日本語と英語の違いなどもご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供でも飲める【ソフトドリンク】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ソフトドリンク】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ソフトドリンク】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ソフトドリンク」は英語で【通じはするが意味が違う】

アルコール成分が入っていない飲み物で、子供でも飲む事が出来る「ソフトドリンク」は英語でも通じる表現です。

ただし、英語の[soft drink]と日本語の「ソフトドリンク」は少し違う概念で使われる事が多いんです。

スポンサーリンク

日本語の「ソフトドリンク」と言えば「ジュース・炭酸飲料・お茶・牛乳・水」等、「アルコール成分が入っていない全ての飲み物」というニュアンスで使われる事が多いですよね?

一方で、英語での[soft drink]は、いわゆる「清涼飲料水」という意味で使われる事がほとんどで、「紅茶・麦茶・緑茶・牛乳・果物の100%フルーツジュース・水」は[soft drink]には含まれない事が多いんです。

実際にアメリカのマクドナルドのメニューの[soft drink]には「コーラ・ファンタ・スプライト」や果汁が一部だけ含まれる「Hi-C」などが並び、「紅茶・牛乳・100%ジュース・水・ココア」などについてはソフトドリンク以外の欄に記載されているんですよ。(リンクはアメリカのマクドナルドのドリンクメニュー)

スポンサーリンク

例文として、「私はソフトドリンクにします(注文します)。」は英語で[I ask for something soft drink.]などと言えばオッケーです。

ちなみに、レストランなどのメニューでは[beverages]という英語が日本語のソフトドリンクに近いニュアンスで使われている事もあるので、ぜひ海外のレストランに入店した際にはチェックしてみて下さい。

合わせて、ソフトドリンクにも使う【おかわりは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました