【義理の父】は英語で何て言う?「継父・義理の両親」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

血縁の無い父親【義理の父】は英語で何て言う?

血縁の無い【義理の父】は英語で何て言う?
血縁の無い【義理の父】は英語で何て言う?

「義理の父」は英語で【father-in-law】

自分が結婚した奥さんや旦那さんの父親の事で、血縁関係の無い父を意味する「義理の父(義父)」は英語で[father-in-law]などと表現出来ます。

ここで使われている[law]は「法律」という意味なので、英語では「法律の中での父親」というニュアンスで義理の父親(義父)を表現する訳ですね。

スポンサーリンク

また、日本語の「義理の父・義父」という表現では、自分の母親が離婚した後に再婚した父親の事なども指しますが、英語ではそのような実父ではない自分の母親の夫「継父・ままちち」の事は[stepfather]と表現しますよ。

例文として、「義父が子供達におもちゃをたくさん買い与えるのをやめさせたい。」は英語で[I want to stop my father-in-law from buying my children so many toys.]などと言えばオッケーです。

また、結婚を機にする事も多い「同居する」は英語で[live together]なんて言えるので、「義父と同居したくない。」は英語で[I don’t want to live with my father-in-law.」なんて表現出来ますよ。

スポンサーリンク

ちなみに、義理の父親と母親を合わせた「義親・義理の両親」は英語で[parents-in-raw]と言ったり、省略して[in-laws]と言ったりするので覚えておきましょう。

合わせて、義理の父が外国の方になる【国際結婚は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました