【サラリーマン】は英語で通じない?通じる?「ウンザリだ」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社で働く【サラリーマン】は英語で通じる?通じない和製英語?

【サラリーマン】は英語で通じる?通じない和製英語?
【サラリーマン】は英語で通じる?通じない和製英語?

「サラリーマン」は英語で【通じない】

会社に所属し、会社から給料を貰って働く従業員である「サラリーマン」は英語では通じない和製英語です。

会社から「給料:salary」を貰っている人なので、英語でも「サラリーマン:salary man」と言いたくなりますが、英語ではこのような表現はしないんです。

スポンサーリンク

会社で働く「サラリーマン」は英語で[office worker]などと表現します。

ここで使われている[office]は「事務所・会社」などの意味があり、[worker]は「働く人・労働者」という意味がある単語です。

つまり、英語では「事務所で働く人」というニュアンスでサラリーマンを表現する訳ですね。

スポンサーリンク

他にも、「サラリーマン」の英語として[businessman(business person)]や[company employee]などと言っても良いでしょう。

例文として、「サラリーマンなんてウンザリだ。」は英語で[I’m sick of working as a office worker.]などと言えばオッケーです。

合わせて、サラリーマンが仕事を辞める時にする【引き継ぎは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました