スポンサーリンク
AI英会話スピークエルスピークエルをapp storeでダウンロードスピークエルをgoogle playでダウンロードAI英会話スピークエル

【外務大臣】は英語で何て言う?アメリカ・イギリスの外相の英語名もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国の外交を担う【外務大臣(外相)】は英語で何て言う?

政府の【外務大臣(外相)】は英語で何て言う?
政府の【外務大臣(外相)】は英語で何て言う?

「外務大臣(外相)」は英語で【Foreign Minister】

政府の閣僚の中で、主に外国との交渉などに関連する外交政策を担当する「外務大臣・外相」は英語で[Foreign Minister]などと表現します。

ここで使われている[foreign]は「外国の・対外の」などを意味する単語で、[minister]は「大臣」を意味する単語です。

スポンサーリンク

つまり英語では「対外の大臣」というニュアンスで外務大臣を表現する訳ですね。

また、外務大臣・外相の英語として「外務省の大臣」というニュアンスで[Minister of Foreign Affairs]という表現も使われるので覚えておきましょう。

例文として、「彼は日本史上最年少の外務大臣です。」は英語で[He is the youngest foreign minister in Japanese history.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

ただし、国によって外務大臣・外相の呼び名は異なる事も多く、アメリカでは「国務長官」が外相の役割を果たしており、英語では[Secretary of State]と呼ばれています。

ちなみに、イギリスでは外務大臣の正式名称は[His Majesty’s Principal Secretary of State for Foreign, Commonwealth and Development Affairs](国王陛下の外務・英連邦・開発大臣)という非常に長い名前になりますが、一般的には[Foreign Secretary]と呼ぶ事が多いんですよ。

合わせて、首相や外務大臣などに非常に近い関係の【側近は英語で何て言う?】をチェック!