スポンサーリンク
AI英会話SpeakL

【銃乱射】は英語で何て言う?「銃撃犯・対応訓練」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニュースなどで見る【銃乱射】は英語で何て言う?

アメリカなどの【銃乱射事件】は英語で何て言う?
アメリカなどの【銃乱射事件】は英語で何て言う?

「銃乱射」は英語で【random shooting】

アメリカなどで起こる事件で、商業施設や学校などで銃を発報する事件「銃乱射」は英語で[random shooting]などと表現します。

ここで使われている[random]と言えば、日本語でも「ランダム」という単語が使われていますが、英語では「手当たり次第の・でたらめの」などの意味があります。

スポンサーリンク

そこに「発砲・射撃」などを意味する[shooting]をつける事で、英語では「手あたり次第の発砲」というニュアンスで銃乱射を表現する訳ですね。

例文として、「なぜアメリカでは銃乱射事件が頻発するのでしょうか?」は英語で[Why do random shootings happen so often in the U.S.?]などと言えばオッケーです。

他にも、「銃乱射・銃乱射事件」の英語として「密集・集団」などを意味する[mass]を使って[mass shooting]という表現もあります。

スポンサーリンク

ちなみに、銃乱射事件を起こす「(無差別)銃撃犯」は英語で[active shooter]などと表現します。

アメリカの学校や警察などでは、銃乱射事件に対処する為に「銃撃犯対応訓練:active shooter response training」が実施される事もあるんですよ。

合わせて、銃乱射事件でも聞こえる【銃声は英語で何て言う?】をチェック!