スポンサーリンク
AI英会話スピークエルスピークエルをapp storeでダウンロードスピークエルをgoogle playでダウンロードAI英会話スピークエル

【学歴】は英語で何て言う?「学歴不問・学歴を気にする」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

受けた教育レベルを表す【学歴】は英語で何て言う?

高校や大学の【学歴】は英語で何て言う?
高校や大学の【学歴】は英語で何て言う?

「学歴」は英語で【educational background】

高校・大学・大学院など、その人がうけた高等教育の履歴を表す「学歴」は英語で[educational background]などと表現します。

ここで使われている[educational]は「教育の・教育上の」を意味し、[background]は「経歴・生い立ち」などを意味する単語です。

スポンサーリンク

つまり、英語では「教育の経歴」というニュアンスで「学歴」を表現する訳ですね。

例文として、「あなたは結婚する相手の学歴を気にしますか?」は英語で[Do you care about the educational background of the person you are going to marry?]などと言えばオッケーです。

他にも「学歴」の英語として、「高等教育機関の・学業成績の」などを意味を持つ[academic]という単語を使って[academic history]や[academic background]という表現を使っても良いでしょう。

スポンサーリンク

例えば、求人情報などで、学歴を問わずに募集する事をさす「学歴不問」は英語で[No academic background required.]などと言える訳ですね。

ちなみに、学歴として大学を卒業している事を表す「学士号」は英語で[bachelor’s degree]と言い、大学院を卒業している事を表す「博士号」は英語で[doctor’s degree]なんて言うので覚えておきましょう。

合わせて、学歴と共に就職や転職で大切な【資格を取るは英語で何て言う?】をチェック!