スポンサーリンク
AI英会話スピークエルスピークエルをapp storeでダウンロードスピークエルをgoogle playでダウンロードAI英会話スピークエル

【偏差値】は英語で何て言う?「偏差値が高い・学業成績」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

学力を測る【偏差値】は英語で何て言う?

学力の【偏差値】は英語で何て言う?
学力の【偏差値】は英語で何て言う?

「偏差値」は英語で【standard deviation score】

学校のレベルや個人の学力レベルを測る為に出される事が多い「偏差値」は英語で[standard deviation score]などと表現します。

ここで使われている[standard deviation]は「標準偏差」を意味し、[score]は「得点」を意味する単語です。

スポンサーリンク

つまり、英語では「標準偏差得点」というニュアンスで偏差値(標準偏差値)を表現する訳ですね。

例文として、「日本では、学校や学業成績のレベルを表す為に標準偏差値が使われている。」は英語で[In Japan, the standard deviation score is used to represent the level of school or academic performance.]などと言えばオッケーです。

また、「この学校の偏差値は非常に高い。」は英語で[The standard deviation of this school’s score is very high.]なんて言える訳ですね。

スポンサーリンク

実は、日本では学力評価に偏差値が使われるのが当たり前ですが、海外では「パーセンタイル」という評価が使われる事が多いんです。

例えば、[80th percentile]と言われた場合、これは同じ試験を受けた人の80%より上の成績(80%が自分より下の成績である)という意味になります。

合わせて、偏差値を上げる為にやってはいけない【カンニングは英語で通じない?】をチェック!