【しらす】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ご飯・サラダ・パスタ、何にでも合う【しらす】は英語で通じる?通じない和製英語?

【シラス】は英語で通じる?通じない和製英語?
【シラス】は英語で通じる?通じない和製英語?

「シラス」は英語で【通じない】

そもそも「しらす」とは、「白子」とも表記する日本語で、イワシやウナギ、アユ、ニシンなど、体に色素がなく白い稚魚の総称なんです。

つまり「しらす」という名前の魚がいるわけではないんですね。

スポンサーリンク

そんな「シラス」は英語で[whitebait]と言います。

英語でも[white]は「白い」、[bait]は「魚釣り用の餌」なんて意味なので特定の魚の種類を指す言葉ではないのです。

シラスはイタリアやオセアニア地方など一部の地域では食べられていますが、スーパーに必ず売っているほど市民権を得ている国は珍しいようです。

スポンサーリンク

むしろ、あの小さな魚が集まっている状況(特に目が沢山ある状態)が苦手という外国の方も多く、見た目で拒否反応を起こしてしまう方も多いようなので、出し方にはちょっと注意が必要かも。

ちなみに、さまざまな「シラス」がいる中でも、日本のしらすはイワシ系の稚魚なので、[baby sardine=イワシの稚魚]などと呼ばれることもあります。

本当にシラスになじみが無い人には[tiny white fish:小さな白い魚]なんて言った方が案外イメージがしやすいかもしれませんね。

合わせて、魚の【鱗(うろこ)は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました