【本音】は英語で何て言う?「建前・本音を語らない」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分が心から思う事である自分の本心【本音】は英語で何て言う?

自分の本心【本音】は英語で何て言う?
自分の本心【本音】は英語で何て言う?

「本音」は英語で【private opinions】

自分が心から思う本当の気持ちで、本心から言う言葉である「本音」は英語で[private opinions]や[private thoughts]などと表現します。

ここで使われている[private]は「私的な・個人の」という意味の単語なので、英語では「個人的な意見・考え」というニュアンスで本音を表現する訳ですね。

スポンサーリンク

これに対して「建前」は英語で[public opinion/assertion]などのように表せます。

この表現は、文頭や文末で「個人的な意見だけど…」と断りをいれるような形で使われる事も多く、「本音で言うと…(個人的な意見としては…):To tell you my private opinion, …」なんて表現になります。

他にも本音の英語として「本当に感じている事」というニュアンスで[really feel]なんて表現を使っても良いでしょう。

スポンサーリンク

例文として、「彼は決して本音を語らない。」は英語で[He never talks about what he really feels.]なんて言えばオッケーです。

一方で、英語圏では日本で言う所の「本音と建前」というものが明確には存在しない為、なかなか本当の意味での「本音」の英語を伝える事は難しいですが、このように「個人的な意見や考え=本当に思っている事=本音」と表現したり、「公での意見=一般的に受け入れて貰いやすい意見=建前」と説明する事でニュアンスはある程度感じ取って貰えるかもしれません。

また日本語の建前とはニュアンスが違いますが、「社会的な潤滑油」と言った意味合いで[ social lubricant]という言葉があります。

スポンサーリンク

これは国や文化などによって大きく違いますが、例えばお酒やタバコなどは特定の領域ではコミュニケーションの促進や、より良い人間関係を促進する物として役立ちますよね。

そういう意味では日本の「建前」もコミュニケーションや人間関係に役立っているものなので[ social lubricant] の一種と言ってもいいかもしれません。

合わせて、同意を示す【同感ですは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました