【熱中症】は英語で何て言う?「脱水症状・熱中症になる」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

暑さや脱水で体の機能がおかしくなる【熱中症】は英語で何て言う?

「熱中症」は英語で【heat stroke】

暑すぎて汗をかき体の水分がなくなってしまったり、体温が上がってしまう事で起きる「熱中症」は英語で[heat stroke]などと表現します。

ここで使われている[heat]は「熱」、[stroke]は「卒中・発作」という意味の単語なので、英語では体が熱を浴びすぎて倒れてしまうというニュアンスで熱中症を表現するんですね。

スポンサーリンク

他にも、熱中症の英語として、日光を浴びすぎる「日射病」というニュアンスで[sun stroke]という表現もあります。

例文として、「水分を取って休憩しないと熱中症になるよ!」は英語で[You’ll get heat stroke if you don’t drink water and take breaks.]などと言えばオッケーです。

また、暑さや発汗による「脱水症状」を英語で[dehydration]と言うので、脱水状態を感じた時は「脱水症状になってるっぽい。:I feel dehydrated.」などと伝えて水分補給や休憩などを取るようにしましょう。

スポンサーリンク

他にも、倒れるまでいかないけど暑すぎて疲労することは[heat exhaustion]などとも言えるので合わせて覚えておくといいですよ。

暑い日は、定期的に涼しい場所で体を冷やし、水分をこまめに取って熱中症対策をしっかりしていきましょう。

合わせて、直射日光をさけられる【日かげは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました