暑い日には嬉しい【日陰(日かげ)】は英語で?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎年暑さが酷くなるような気がしますが、日差しが強い日はついつい探したくなる【日陰】って英語では何て言う?

暑い日には嬉しい【日かげ】は英語で?
暑い日には嬉しい【日かげ】は英語で?

「日陰(日かげ)」は英語で【shade】

「陰(かげ)」というと「シャドー:shadow」を思い浮かべる人も多いと思いますが、[shade]と[shadow]の違いは何でしょう?

なかなか感覚的に難しい部分もありますが、日本語の感覚でいうと「影と陰」(影はshadow・陰はshade)というイメージに近い違いがあります。

もう少し細かく言うと、例えば歩いている人間や、自分が持っているペンなど形がハッキリしたものが光を遮って出来るクッキリした黒い影が[shadow]。

一方、[shade]は木などの形がクッキリしていないものが光を遮ってできる日陰や、真っ黒ではないものの日なたと比べると日陰になっている暗い一帯などの事を指します。

境界があいまいだったり、影とまでは言えないものの薄暗くなっている場所なんかはこの[shade]を使って表せるわけですね。

日本語で言う所の「日陰(日かげ)」や「木陰」などは全てこの[shade]になるので覚えておきましょう。

合わせて、季節の英語【蒸し暑いは英語で?】もチェック!

タイトルとURLをコピーしました