【ナンプラー】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ料理には欠かせない、東南アジアの料理のエッセンスを感じる独特の風味を持つ調味料で、現地では日本の醤油のように日常使いされる【ナンプラー】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ナンプラー】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ナンプラー】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ナンプラー」は英語で【fish sauce】

独特の香りと風味があるナンプラーですが、そもそもどうやって作られたものだか知っていますか?

ナンプラーは、カタクチイワシなどの魚を塩漬けにして発酵させ、絞った液体に砂糖などの甘みを加えた調味料で、タイ語で[nam]は「液体」を意味し、[pla]は「魚」を指す言葉です。

スポンサーリンク

つまり、「ナンプラー」は英語ではなく(かと言って和製英語でもなく)、タイ語なんですね。

この「魚で作った液体(ソース)」を英語にすると[fish sauce]となり、ナンプラーの英語として使われているわけです。

日本にも「魚醤(ぎょしょう)」という、同じように魚を発酵させた調味料がありますが、日本語は「魚で作った醤油」というニュアンスの言葉になるのが面白いですね。

スポンサーリンク

海外でもエスニック料理に詳しい人はそのまま[nam pla]と言ったりするようですが、[fish sauce]の方が一般的な言い方で、商品ラベルにも[fish sauce]と書かれている事が多いので覚えておきましょう。

合わせて、日本の魚食文化【たらこは英語で何て言う?】をチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語クイズ
英語の達人をフォローする
関連記事
英語の達人WORLD
タイトルとURLをコピーしました