【ドライカレー】は英語で通じる?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

普通のカレーは[curry]で勿論通じますが、水分の少ないタイプのカレーである【ドライカレー】は英語でそのまま通じる?通じない?

色々なタイプのある水分の少ない【ドライカレー】は英語で通じる?
色々なタイプのある水分の少ない【ドライカレー】は英語で通じる?

「ドライカレー」は英語で【通じない】

そもそも日本語の「ドライカレー」の概念自体が難しいのですが、以下の図のように、お米をカレーソースで炒めたカレーピラフ風(カレーチャーハン風)の物をイメージする人もいれば、白いご飯の上にひき肉と野菜を炒めたものを乗せたキーマカレー風をイメージする人もいますよね。

[画像]:人によって違うドライカレーのイメージ画像

ちょっとややこしい答えになってしまいますが「カレーピラフタイプのドライカレー」であれば英語で[curried pilaf / curried rice pilaf]、「キーマカレータイプのドライカレー」タイプであれば英語で[keema curry / minced-meat curry]などと言うのがいいでしょう。

ドライカレーのタイプドライカレーの英語特徴
カレープラフ風curried rice pilafご飯をカレーソースやカレー粉で炒めたもの
キーマカレー風keema curry / minced-meat curry炒めたカレー味のひき肉と野菜を白米にのせたもの
[表]:ドライカレーのタイプ毎の英語と特徴一覧まとめ

バーモントカレーなどを販売するハウス食品さんのレシピページでも「ドライカレー」と検索すると「カレーピラフタイプのレシピ」「キーマカレータイプのレシピ」がどちらもドライカレーとして掲載されている事から、日本におけるドライカレーの定義が非常に難しい事が感じ取れますね。(リンクはハウス食品のレシピページ)

そもそも「ドライカレー」は、明治時代に欧州と日本を結ぶ船「三島丸」の食堂で、日本人シェフが考案したものが発祥であるとされ、日本郵船の情報誌に記載されている写真を見る限り、いわゆるキーマカレータイプが元祖「ドライカレー」のようです。(リンクは情報誌のPDFでドライカレーの記述は9ページ目)

尚、その情報誌によるとカレーに福神漬けを添える文化も、同社の客船が発祥だそうで、インドの調味料のチャツネが無くなった際に、代わりに添えた福神漬けが好評で定番になったそうですよ。

もし、まだどちらか片方のタイプのドライカレーしか食べた事がない人は、ぜひもう一方のドライカレーにもチャレンジしてみて下さいね。

合わせて、カレーを提供するお店【カレー屋は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました