【耐熱皿】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーブンや電子レンジなどでの急激な温度変化に耐え、グラタンやラザニアなどの調理を行う時に必要な【耐熱皿】は英語で何て言う?

電子レンジやオーブンに使える【耐熱皿】は英語で?
電子レンジやオーブンに使える【耐熱皿】は英語で?

「耐熱皿」は英語で【heatproof dish】

他にもオーブンに入れても大丈夫な耐熱皿という意味で[ovenproof dish]と英語で言ってもOKです。

日本でも売られている、アメリカの耐熱ガラス製品ブランドの「pyrex(パイレックス)」は非常に有名なので、ガラス製の耐熱容器の事を[pyrex]と言う人もいますが、丸や四角い形をした耐熱ガラスで出来た耐熱容器の事は英語で[heatproof container]と言ったりしますよ。(リンクはamazonのpyrexページ)

Amazon|iwaki(イワキ) 耐熱ガラス 保存容器 グリーン 4個セット パック&レンジ PS-PRN-4G1|保存容器・キャニスター オンライン通販
iwaki(イワキ) 耐熱ガラス 保存容器 グリーン 4個セット パック&レンジ PS-PRN-4G1が保存容器・キャニスターストアでいつでもお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。

これらの表現で使われている「~proof」は「~を通さない・耐~・防~」という意味で、非常に幅広く使われる英語です。

今回は耐熱皿(熱に耐える)という意味で[heatproof]という英語を使いましたが、日本でも割と使われるのが「ウォータープルーフ:waterproof(耐水の)」ですよね。

同じように「耐火の・防火の」という意味のある[fireproof]や、「防弾の」という意味の[bulletproof]なんて英語も聞く機会がありますよ。

ちなみに、この[-proof]とほぼ同じような使い方をする英語が[-safe]という表現で、「耐熱皿」も[heat-safe dish]や[oven-safe dish]とも言えるので合わせて覚えておきましょう。

最後に、料理に使う道具の英語【ザルは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました