【イチョウ(銀杏)】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

季節になると、黄色く色づいた葉っぱが、辺り一面に敷き詰められた銀杏並木に紅葉狩りに出かける人も多いですが【イチョウ】は英語で何て言う?

秋に黄色く色づく【イチョウ(銀杏)】は英語で何て言う?
秋に黄色く色づく【イチョウ(銀杏)】は英語で何て言う?

「イチョウ」は英語で【ginkgo】

ちょっと聞きなれない言葉かもしれませんが、発音としては「ギンコォゥ」といった感じの発音になります。

ちょっと不思議な音感である[ginkgo]の語源については諸説ありますが、イチョウの漢字「銀杏」を「ギンキョウ」と音読みしたものが変化して「ギンコォゥ」になったという説が有力とされているようです。

クイズ番組などで、焼いて食べると美味しいイチョウの実である「ギンナン(銀杏)」の事を[gingko nut]と言うなんてクイズが使われたりする事もあるので、どこかで聞いた事がある人もいるかもしれませんね。

また、他のイチョウの英語として、[maidenhair tree]という表現もあります。

直訳すると「女性の髪の毛の木」という、なんともロマンチックな名前がついていますが、秋になるときれいな黄色に染まって、街や公園を彩る様子を女性の髪に例えたのかもしれませんね。

ちなみに、イチョウの実であるギンナン(銀杏)には様々な効能があるとされ、古くは薬品として使われていた事もありますが、食べ過ぎると中毒症状が起きる事も知られていて、年齢の数以上は食べてはいけないなんて言い伝えも日本にはあるくらいです。

お子さんなどは特に(大人もですが…)、ギンナンを食べる時は食べ過ぎには注意しましょう。

合わせて、イチョウ並木などを見て感じる【秋っぽいって英語で言える?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました