【干支の英語】子~亥までの十二支の正しい英語と読み方

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本ではその年が十二支のどの動物に当たるか話題になりますが、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥のそれぞれの【干支の英語】をご紹介します

【干支の英語】十二支の英語と読み方
【干支の英語】十二支の英語と読み方

十二支の読み方とその英語の表記一覧まとめ

日本語では干支の順番やその意味などは、子供の頃に覚えてしまい、当たり前のように言えることが多いですが、干支は古代中国が発祥で海外には無い文化の為、英語では干支の事を[Chinese Zodiac]や[Japanese Zodiac]と表現します。

以前「十二星座の英語とラテン語」の記事で紹介しましたが、十二星座の事を英語で[zodiac sign]と言うので、十二支はそれをもじった表現な訳ですが、十二支それぞれの干支の読み方と英語を一覧の表でご紹介します。

十二支読み方動物名十二支の英語
ねずみrat
うしうしox
とらとらtiger
うさぎrabbit / hare
たつたつdragon
へびserpent / snake
うまうまhorse
ひつじひつじsheep
さるさるmonkey
とりとりrooster
いぬいぬdog
いのししboar / pig
[表]:干支の英語とその読み方の一覧まとめ

上の一覧表でご紹介したように、日本語ではなじみのある動物が、思ったような英語表現をされない場合もあるので、気を付けたい干支の英語をご紹介します。

子年の「ねずみ」の英語は【rat】

ネズミの英語と言えば[mouse]と覚えておいる人も多いと思いますが、[mouse]より[rat]の方が野生の大型のネズミをイメージするという違いがあります。

干支のネズミは[rat]の方が一般的のようですが、野生でずる賢いイメージがあるからかもしれないですね。

丑年の「うし」の英語は【ox】

「牛」の英語としてよく知られている[cow]は「乳牛」をイメージする言葉なので、干支の牛(牡牛)の英語としては[ox]を使うのが一般的です。

卯年の「うさぎ」の英語は【rabbit / hare】

[rabbit]は「穴ウサギ」、[hare]は「野ウサギ」です。私たちのイメージする可愛らしいウサギは基本[rabbit]ですが、これはどちらを使っても問題ないので、イメージに合う方を使いましょう。

辰年の「たつ」の英語は【dragon】

日本語ではタツノオトシゴが使われる事もありますが、辰年の「たつ」は「龍」の事なので、[dragon]でOKですが、西洋の「ドラゴン」とアジア圏の「龍」は見た目も考え方もだいぶ違うので、[Chinese Dragon]と言ってもいいかもしれません。

巳年の「へび」の英語は【serpent】

ヘビの英語と言えば「スネーク:snake」ですが、[serpent]は一般的に大型の毒蛇のことを指し、蛇神や水神など、神や悪魔などが姿を変えた「ヘビ」も[serpent]で表すので、[snake]と表現するのも良いですが、[serpent]のほうがニュアンスが伝わりやすいでしょう。

酉年の「とり」の英語は【rooster】

「トリ」と言えば「チキン:chicken」と思い浮かぶ人も多いですが、[chicken]は鶏全般を指す上に、冠詞がないと「鶏肉」という意味になってしまいます。

酉年の「トリ」は「雄鶏」なので[rooster]や[cock]という雄の鶏を意味する英語を使いましょう。

亥年の「いのしし」の英語は【boar / pig】

実は、中国では「イノシシ」ではなく「ブタ」の事を指すので、[pig]でもOKです。

日本人がよく間違えがちな十二支の英語表現はしっかり覚えて、正しく紹介できるようになりましょう。

合わせて、【1月から12月までの英語の表記と短縮形の英語】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました