【数の子(かずのこ)】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お正月のおせち料理に使われる事でも知られているニシンの卵で、子孫繁栄の願いが込められている【数の子’(かずのこ)】は英語で何て言う?

【数の子(かずのこ)】は英語で何て言う?
【数の子(かずのこ)】は英語で何て言う?

「数の子」は英語で【herring roe】

知らない人も案外多いようですが、数の子(かずのこ)はニシンの卵です。

ニシンは英語で[herring]と表現するので、その卵である数の子は英語で[herring roe]と表現するんですね。

ニシンの卵なので[herring egg]と言いたくなりますが、以前、「いくらは英語で何て言う?」の記事でもご紹介しましたが、食用の魚卵(魚の卵)を英語では[roe]と表現するので[herring roe]になる訳です。

当然、「数の子」の英語として[herring roe]だけでもOKですが、いわゆるお正月に食べる「かずの子」は味がついているので[salted:塩漬けの・塩で味付けした]を頭に付けて[salted herring row]と英語で言う方がより正しいイメージが伝わりますね。

ちなみに、日本ではサケの卵の「いくら」や、タラの卵の「たらこ」、トビウオの卵の「とびこ」など、様々な魚卵を食べますが、海外ではあまり一般的な食材とは言えずに、捨ててしまうような国も多いようです。

そのような元々捨てられていた魚卵が、日本で売れる事がわかって日本に輸入されているケースも多いそうで、海外の魚卵が安く手に入るのはそのような理由があるようですよ。

合わせて、日本人の大好きな魚卵【たらこは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました