【危機一髪】は英語で何て言う?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あとちょっとで大惨事になっていたような状況を意味する【危機一髪】は英語で何て言う?

際どい状況【危機一髪】は英語で何て言う?
際どい状況【危機一髪】は英語で何て言う?

「危機一髪」は英語で【close call】

[close]と言えば、動詞の「閉じる」という意味で覚えている人も多いですが、形容詞の「きわどい・接近した」という意味もあるんです。

今回ご紹介した[close call]は、元々は「野球の守備からの送球と、打者の走塁の、どちらが先にベースについたか分からないような状況でのきわどい判定」を意味する言葉なのですが、そこから「危機一髪・ギリギリセーフ」というような意味が生まれたんですね。

スポンサーリンク

例文として、「危機一髪だったよ。」は英語で[That was a close call.]などと表現できますよ。

他にも、危機一髪のギリギリの状況を表現する英語として単に[close]という単語を使う事も出来ます。

上の例文と同じように[That was close!]と言えば「ギリギリだった!(危機一髪だった!)」なんて使い方も出来ますよ。

合わせて、車の駐車方法である【縦列駐車は英語で何て言う?】をチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語クイズ
英語の達人をフォローする
関連記事
英語の達人WORLD
タイトルとURLをコピーしました