【駅弁】は英語で何て言う?海外の駅弁文化や「駅弁を買う」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

電車駅で売られている、旅のお供に最適なお弁当【駅弁】は英語で何て言う?

駅のお弁当【駅弁】は英語で何て言う?
駅のお弁当【駅弁】は英語で何て言う?

「駅弁」は英語で【lunch box sold at train stations】

電車の駅で売られているお弁当「駅弁」英語では[lunch box sold at train stations]などと表現出来ます。

そもそも、電車の駅で地域の特色のあるお弁当を売っていて、そのお弁当を食べながら電車の旅を楽しむという文化がここまで浸透しているのは、世界中見渡しても日本だけと言っても過言ではなく、基本的には海外に無い文化です。

スポンサーリンク

ですので、駅弁を説明するようなニュアンスで「電車の駅で売られている弁当」と英語で表現する事で、比較的海外の方にも理解して貰いやすいでしょう。

例文として、「旅行に行くときは必ず駅弁を買います。」は英語で[I always buy a lunch box sold at train stations when I travel.]などと表現出来ますよ。

近年は、海外で日本独特の弁当文化が紹介されることも増えており、「弁当」をそのまま[bento]と言っても理解してくれる外国人もいるので、駅弁を[bento (box) sold at train stations]と言ってみても良いでしょう。

スポンサーリンク

ちなみに、海外の駅弁(のようなもの)としてはサンドイッチやラップサンドなど、カフェで売っている軽食類のようなものが一般的ですよ。

合わせて、都市部に向かう電車【上り線は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました