【IOC】は英語で何の略?どんな意味?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オリンピック関連のニュースでよく聞く【IOC】は英語で何の略?どんな意味?

【IOC】は英語で何の略?どんな意味?
【IOC】は英語で何の略?どんな意味?

「IOC」は英語で【International Olympic Committee】の略

オリンピック関連のニュースを見ると、よく権限を持つ団体として報道される「IOC」は[International Olympic Committee]の略で、日本語では「国際オリンピック委員会」を意味します。

オリンピックの主催団体であるIOCは、オリンピックに参加する競技連盟やスポーツ統括団体を統括する統括組織で、「国際サッカー連盟:FIFA」や、「国際陸上連盟:IAAF」や、「国際水泳連盟:FINA」などが傘下組織なんですね。

スポンサーリンク

例文として、「IOCのバッハ会長の来日が延期された。」は英語で[IOC President Bach’s visit to Japan has been postponed.]などと表現する事が出来ますよ。

IOCはスイスに本部があり、非営利団体(NPO)であり非政府組織(NGO)の団体ですが、オリンピックのスポンサー料金やテレビ放映権料は近年では莫大なものとなっています。

オリンピックのテレビ放映権料が初めて生まれたのが1960年のローマ五輪と言われており、当時はたった120万ドル(約1億3000万円)でしたが、2016年のリオ五輪では28億ドル(約3000億円)を超えています。

スポンサーリンク
開催年五輪開催都市放映権料
1960年ローマオリンピック120万ドル
1964年東京オリンピック160万ドル
1968年メキシコシティオリンピック980万ドル
1972年ミュンヘンオリンピック1800万ドル
1976年モントリオールオリンピック3500万ドル
1980年モスクワオリンピック8800万ドル
1984年ロサンゼルスオリンピック2億8700万ドル
1988年ソウルオリンピック4億300万ドル
1992年バルセロナオリンピック6億3600万ドル
1996年アトランタオリンピック8億9800万ドル
2000年シドニーオリンピック13億3200万ドル
2004年アテネオリンピック14億9400万ドル
2008年北京オリンピック17億3900万ドル
2012年ロンドンオリンピック25億6900万ドル
2016年リオオリンピック28億6800万ドル
[表]:1960年から2016年の夏季オリンピックの放映権料の推移

気になる方はIOCが公式にリリースしている資料などをチェックすると、冬季五輪の放映権料や、様々な五輪に関わるマーケティングの情報などが掲載されていますよ。(リンクはIOCの資料ページ)

ちなみに、2022年~2032年までの夏季・冬期3大会ずつ、合計6大会のアメリカでのオリンピック放映権を獲得した米NBCの放映権料は、76億5000万ドル(約8390億円)と言われており、テレビ放映権料の高騰はまだまだ続きそうですね。

合わせて、オリンピックでも検討された【無観客試合は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました