【カトラリー】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スプーンやフォークなどの【カトラリー】は英語で通じる?通じない和製英語?

【カトラリー】は英語で通じる?通じない和製英語?
【カトラリー】は英語で通じる?通じない和製英語?

「カトラリー」は英語で【通じる】

ナイフやスプーンやフォークなどのいわゆる銀食器類をまとめて「カトラリー」と表現する事がありますが、英語でもそのまま[cutlery]で通じます。

日本語ではちょっとオシャレな感じでスプーンやフォークをまとめて「カトラリーセット」なんて売っているので、なんとなく聞いた事がある人も多いですよね。

スポンサーリンク

例文として、「とても素敵なカトラリーを買いました。」は英語で[I bought some very nice cutlery.]などと表現出来ますよ。

ここで、何個かのカトラリーだから[cutleries]と複数形にしなきゃいけないんじゃないの?と、気になった方も多いかもしれませんね。

実は、「カトラリー:cutlery」や「家具:furniture」などの単語は、元々複数の物をまとめて表す単語なので、複数形の[s]を付けないんです。

スポンサーリンク

他にも、スーツケースやカバンなどをまとめた「荷物:luggage」も、同じ理由で複数形にはならないんですね。

ちなみに、カトラリーと似た単語としては「銀食器(銀のスポーンやフォーク等):silverware」という単語も覚えておきましょう。

合わせて、鍋やお皿の素材【ホーローは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました