【夢】ヘンリー・ソローの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、作家、ヘンリー・ソローの格言をご紹介

ヘンリー・ソローの「夢」の格言
ヘンリー・ソローの「夢」の格言

“Go confidently in the direction of your dreams. Live the life you have imagined.” –Henry Thoreau

自信を持って夢に向って進み、思い描いた人生を生きろ。

ヘンリー・ソロー(1817-1862)

【本日の格言解説】

ヘンリー・ソローは、アメリカの作家であり思想家でもある人物です。

ハーバード大学を卒業するも、教師、測量士、ペンキ屋、鉛筆製造人など一定の職に就くことは無かったのだそう。また、生涯独身だったとか。

彼は奴隷制度を嫌い、奴隷制度とメキシコ戦争への反対行動として税金の支払いを拒否し、逮捕されたことも。

このことが、”権力に屈せず、かつ非暴力で抗議する姿”として、ガンジーの独立運動や、キング牧師の市民権運動などに大きな影響を与えたといいます。

また、ソローはウォールデン池畔で自ら丸太小屋を作り、2年2ヶ月の自給自足の生活を送りました。そこでの記録を「ウォールデン-森の生活」として1冊の本にまとめたのですが、これが詩人や作家に強い影響を与えました。

ウォールデン 森の生活 (上) (小学館文庫)
わかりやすく、見やすく蘇った『森の生活』 「人は1週間に1日働けば生きていけます」。ヘンリー・D・ソローは、1800年代半ば、ウォールデンの森の家で自然と共に2年2か月間過ごし、自然や人間への洞察に満ちた日記を記し、本書を編みました。邦訳のうち、小学館発行の動物学者・今泉吉晴氏の訳書は、山小屋歴30年という氏の自然の側...

若干44歳で、結核の為に亡くなってしまったソローですが、彼は自分の信念を持って、また自分のやりたいことをしながら生きていました。

夢に向って、自信を持って、思い描いた人生に近づけるように進んでいく。

簡単に出来ることではありませんが、常に夢を持ってそれを追いかけていけたらいいですよね。

タイトルとURLをコピーしました