【喉が渇く】は英語で何て言う?「喉が渇く前に水分を取る」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

運動をした時などに【喉が渇く】は英語で何て言う?

暑さなどで【喉が渇く】は英語で何て言う?
暑さなどで【喉が渇く】は英語で何て言う?

「喉が渇く(のどがかわく)」は英語で【get thirsty】

気温が非常に高かったり、激しい運動などをして汗がたくさん出た時に感じる「喉が渇く」は英語で[get thirsty]などと表現します。

ここで使われている[thirsty]は「喉が渇いた」という意味なので、英語では「喉の渇きを得る」というニュアンスでのどが渇くを表現する訳ですね。

スポンサーリンク

例文として「よく喉が渇くんです。」は英語で[I get thirsty a lot.]などと言えばオッケーです。

最近では、熱中症対策などとしてよく言われている「喉が渇く前に水分を取って下さい。」は英語で[Drink water before you get thirsty.]などと言うと良いでしょう。

一方で、もう既に喉が渇いているなら「喉が渇いた。:I’m thirsty.」などという表現が使えますが、もっと大げさに「喉がカラカラだよ。」と英語で言いたい場合は[I’m parched.]という表現もあります。

スポンサーリンク

この[parch]という単語は、暑さや熱などで「乾ききらす・ひからびる」などの意味があり、それをのどの渇きに当てはめた表現という訳ですね。

合わせて、暑い日に飲みたい【麦茶は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました