【くるぶし】は英語で何て言う?「くるぶし丈のズボン・靴下」などの英語もご紹介

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

足首の出っ張り【くるぶし】は英語で何て言う?

足首の【くるぶし】は英語で何て言う?
足首の【くるぶし】は英語で何て言う?

「くるぶし」は英語で【ankle】

足首にある出っ張った骨の部分で、衣服の長さなどを表現する事にも使われる「くるぶし」は英語で[ankle]などと表現します。

「あれ、アンクルって足首の事だよね?」と思った人も多いかもしれませんが、[ankle]はくるぶしを含んだ「足首全体」を表す表現なんですね。

スポンサーリンク

もう少し明確にくるぶしだけを英語で表現したければ「足首の外側」というニュアンスで[outside of an ankle]などと言っても良いでしょう。

例文として、「くるぶしをぶつけてしまった。」は英語で[I hit the outside of my ankle.]などと言えばオッケーです。

また、くるぶしの長さまである「くるぶし丈のズボン」は英語で[ankle pants]などと表現します。

スポンサーリンク

他にも、靴下がくるぶしの高さまで「くるぶしソックス(靴下)」は英語で[ankle socks]と言えば良いので覚えておきましょう。

合わせて、足の部位【すね(脛)は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました