トルコの遺跡をバイク観光→帰り道にとんでもない落とし穴が【世界を旅する私の話(4)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トルコの遺跡をバイク観光→帰り道にとんでもない落とし穴が
トルコの遺跡をバイク観光→帰り道にとんでもない落とし穴が【世界を旅する私の話(4)】

<トルコの遺跡をバイク観光→帰り道にとんでもない落とし穴が>世界を旅する私の話(4)

今回は、私が世界一周中にトルコに訪れた際のエピソードです。

遺跡で有名なカッパドキアを観光する為に夜行バスに乗車すると、その数日前にイスタンブールのアイス屋で出会った日本人大学生と偶然再会!

スポンサーリンク

更にそのお友達もバスにいた事で大盛り上がりした私たちは、そのまま3人でカッパドキアを散策する事にしました。

カッパドキアは広大な大地に巨大な岩や自然が広がる場所。
ツアーで周ることもできるのですが、私たちはオートバイをレンタルして自分たちで自由に周ることにしました。

バイクを運転したことのない私は、順番に二人の後ろに乗せてもらって楽ちん♪笑

坂を上って岩山の頂上へ行き、カッパドキアの崖上から見る景色は「最高!!」の一言で、こんな広大で素敵な景色は今まで見たことがありませんでした。

スポンサーリンク

その感動の崖からの帰り道、いろは坂のようにくねくねしたカーブの続く道はとても狭く、運転初心者の大学生君はゆーーっくりバイクを走らせていました。

そんな道の途中にあった180度のカーブを曲がろうとした瞬間、なぜか私の見えている世界がスローモーションになったのです。

スローモーションの中でゆっくり視界と共に傾くバイク…そして体もだんだん横に…。

illustration by くのこ
スポンサーリンク

危ない…と思いましたが、なんとか体を支えて大きな怪我をすることなく立ち上がることが出来ました。

大学生君を見ると彼も無傷で、どうやらスローモーション効果というより、本当にバイクがゆっくり走っていたので、二人とも助かったみたいです。笑

一番焦っていたのは後ろから私たちの様子を見ていたもう1人のお友達。

「大丈夫!?」とバイクを止め心配そうな顔でウロウロしていた彼の姿を見て、一気に緊張がほぐれて思わず笑ってしまいました。笑

スポンサーリンク

その後は更なる安全運転で無事に街まで帰る事ができましたが、皆さんも海外で乗り物の事故にはくれぐれも気を付けて下さいね!

 

今回の記事でも気になる、車の【助手席は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました