【レバー】は英語で通じる?通じない?「レバ刺し・苦手」などの英語もご紹介

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

焼き肉や焼き鳥で食べる【レバー】は英語で通じる?通じない和製英語?

【レバー】は英語で通じる?通じない和製英語?
【レバー】は英語で通じる?通じない和製英語?

「レバー」は英語で【やや通じにくい】

焼き肉や焼き鳥のメニューなどとしてもよく知られ、独特の風味がある動物の肝臓の部位「レバー」はそのままでは英語ではやや通じにくい表現です。

レバーは英語で[liver]と書くので、そのまま「レバー」と言っても良さそうですが、問題なのはその発音。

スポンサーリンク

「レバー:liver」は英語で「リバー」のような読み方になるんです。

例文として、「実はレバーがちょっと苦手なんです。」は英語で[I don’t really like liver, actually.]などと言えばオッケーです。

また、生のレバーである「レバ刺し」は英語で[raw (beef) liver]などと表現出来ますよ。

スポンサーリンク

日本語では同じ発音の機械などを操作するバーやハンドルを意味する「レバー」は英語では[lever]となり、こちらの発音は「レバー」のままなので間違えないようにしましょう。

合わせて、レバーと炒める料理が有名な【ニラは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました