【紙ストロー】は英語で何て言う?「ぐちゃぐちゃになって溶ける」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

紙で作られた【紙ストロー】は英語で何て言う?

紙で作った【紙ストロー】は英語で何て言う?
紙で作った【紙ストロー】は英語で何て言う?

「紙ストロー」は英語で【paper straw】

環境などに配慮する目的で、プラスチックストローに変わって使われるようになった紙で出来た「紙ストロー」は英語で[paper straw]などと表現します。

ここで使われている[paper]は「紙」、[straw]は「ストロー」なので、英語でもそのまま「紙ストロー」を直訳したような表現が使える訳ですね。

スポンサーリンク

また、紙ストローの色として使われる事が多い、ダンボールのようなクラフト紙の色は英語で[brown]や[craft brown]などと表現します。

例文として、「飲んでいる時にぐちゃぐちゃになって溶けるので、紙ストローは使いたくない。」は英語で[I don’t want to use paper straws because they get soggy and melt while drinking.]などと言えばオッケーです。

ちなみに、紙ストローのように環境に配慮された物を、日本語では「エコ・エコ〇〇」と言う事が多いですが、英語では[eco-friendly]と表現します。

スポンサーリンク

例えば、「紙ストローはプラスチックストローに比べるとエコです。」と英語で言いたければ[Paper straws are more eco-friendly than plastic straws.]などと言えるので覚えておきましょう。

合わせて、紙ストローと共に環境に配慮する為に推進されている【エコバッグは英語で通じる?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました