スポンサーリンク
AI英会話スピークエルスピークエルをapp storeでダウンロードスピークエルをgoogle playでダウンロードAI英会話スピークエル

【背脂】は英語で何て言う?「濃厚・脂身・かける」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラーメンに使われる【背脂】は英語で何て言う?

ラーメンに欠かせない【背脂】は英語で何て言う?
ラーメンに欠かせない【背脂】は英語で何て言う?

「背脂」は英語で【back fat】

ラーメンのスープに使ったり、仕上げに振りかけたりする、豚の背中にある脂身「背脂(せあぶら)」は英語で[back fat]などと表現します。

ここで使われている[back]は「背中」を意味する単語ですが、[fat]と言えば「太った」という形容詞を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

実は、この[fat]には「脂肪・脂身(あぶらみ)」という名詞の意味もあるんです。

つまり、英語でも「背中の脂身」という直訳に近い表現で背脂を表現出来る訳ですね。

例文として、「背脂の入った濃厚なこってりラーメンが大好物です。」は英語で[I’m a big fan of thick and rich ramen noodles with back fat.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

この例文のように料理が「濃厚・こってり」は英語で[thick]や[rich]を使って表現出来ますよ。

ちなmに、こってりラーメンの仕上げの定番である「背脂をかける」は英語で[pour back fat]などと表演出来るので、「背脂チャッチャ」の事を英語で「背脂を雪のようにかける:pour back fat like snow」なんて表現してる海外の人もいるんですよ。

合わせて、背脂が濃厚なラーメンを食べる時にもする【すするは英語で何て言う?】をチェック!