【カップラーメン】は英語で通じる?通じない?「インスタント麺」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

忙しい人のランチだけでなく、晩御飯や夜食などにも大活躍する【カップラーメン】は英語で通じる?通じない和製英語?

【カップラーメン】は英語で通じる?通じない和製英語?
【カップラーメン】は英語で通じる?通じない和製英語?

「カップラーメン」は英語で【やや通じにくい】

日清食品ホールディングス株式会社様より「『CUP NOODLES』は日清食品のブランドであり、商標登録もされている国もあることから、これをカップラーメンー般を意味する英語表現として[cup noodles]使うのは適切ではない」とのご指摘があり、初稿時の記載を訂正致しました。

カップ容器に入れられたインスタントラーメン「カップラーメン」は英語で[cup ramen]そのままだとちょっと通じにくい表現です。

「カップラーメン」は英語で[ramen noodle soup cup]などと表現します。

スポンサーリンク

他にもカップラーメンの英語として[instant noodles]と言っても通じますが、この場合いわゆる「袋麺」の事も含む「インスタント麺全般」を指す英語になってしまうという事は覚えておきましょう。

また、どんぶり状の大きな容器に入ったカップラーメンであれば、英語で[bowl noodle soup]などと言うとイメージしやすいですよ。

例文として、「昨日の夜はカップラーメンを食べた。」は英語で[I had ramen noodle soup cup last night.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

「ラーメン:ramen」という言葉も、昔に比べればかなり英語でも市民権を得てきてはいますが、「ラーメンという名前の麺」というニュアンスで[ramen noodle(s)]と言う事で、ラーメンを知らない人にもわかりやすい表現になっている訳ですね。

日清のカップヌードルや東洋水産のマルちゃんなど、海外でも日本のカップラーメンは人気が高いですが、現地だけで販売されている限定味も数多くあるので、海外旅行の際には、現地の面白い味のカップラーメンを買ってお土産にするのもおすすめです(荷物も軽いです)。

ちなみに、【ラーメンは英語で通じる?】の記事でもご紹介しましたが、日清のカップヌードルの日本の商品ロゴには「CUP NOODLE(カップヌードル)」と表記されていますが、英語では「CUP NOODLES(カップヌードルズ)」と、「麺:noodle」が複数形になっているという違いがあるので覚えておきましょう。(リンクはラーメンの記事)

合わせて、日本のお弁当の定番【タコさんウインナーは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました