【今だけ】英会話学習チャットAIのベータ版を無料体験【コチラ】

【パワーハラスメント】って英語で通じる?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事をしている中で、上司や先輩が職場上の立場を利用して部下を精神的に追い詰めたり暴力をふるったりする【パワーハラスメント】って英語で通じる?

仕事中、職場での【パワーハラスメント】って英語で通じる?
仕事中、職場での【パワーハラスメント】って英語で通じる?

「パワーハラスメント」は英語で【あまり通じない】

辞書などで調べると、[power]という単語には「物理的な力・能力」という意味以外に「権力・勢力」なんて意味もあるので、なんとなく英語で使いそうな気もしますが、基本的には英語では使わない表現です。

そもそも、「パワーハラスメント」(通称パワハラ)は英語の「セクシャルハラスメント:Sexual Harassment」を元に日本で作られた和製英語です。

「パワハラ」は英語で[bullying]と言うのが簡単でしょう。

[bullying]を直訳すると「いじめ」という意味になりますが、[workplace bullying](直訳で「職場でのいじめ」)なんて言うと「パワハラ」の意味を正確に伝えられますね。

他にもパワーハラスメントの英語としては[abuse of authority](直訳で「権力の乱用」)なんて言い方もあるので覚えておきましょう。

日本では最近「〇〇ハラスメント」という言葉がたくさん聞かれますが、基本的に「セクシャルハラスメント」以外は和製英語だと思って間違いないくらい日本人が好き好んで使う表現ですので、あまり積極的に英語で使わないようにしましょう。

最後に仕事の英語【転勤するは英語で?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました