【軟骨(ナンコツ)】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

焼き鳥や居酒屋などでも人気のメニューで、鳥の柔らかい骨を意味する【軟骨(ナンコツ)】は英語で何て言う?

焼き鳥などで人気の【軟骨(ナンコツ)】は英語で何て言う?
焼き鳥などで人気の【軟骨(ナンコツ)】は英語で何て言う?

「軟骨(なんこつ)」は英語で【cartilage】

日本語では「柔らかい骨」というニュアンスで「軟骨」と言いますが、英語では[cartilage]などと表現します。

一般的に「軟骨」と言えば「鶏のナンコツ」の事を意味しますが、英語では[chicken cartilage]と表現すればオッケーですね。

スポンサーリンク

例文として「軟骨の串焼きが好きです。」は英語で[I like grilled cartilage skewers.]などと表現出来ますよ。

ここで使われている[cartilage]は「軟骨」という意味の単語ですが、海外では軟骨を特別に選んで食べるという事はあまりしないので、ちょっと専門的な響きに感じる人も多いかもしれませんね。

ただ、焼き鳥のように串刺しになっているお肉料理は他の国にもあり、「串」や「串焼き料理」のことを英語で[skewer]といいます。

スポンサーリンク

例えば、中東の「ケバブ:kebab」やブラジルの「シュラスコ:churrasco」などは世界的にも有名ですよね。

ちなみに、よく焼き鳥屋さんなどで使われる「やげん軟骨」の「やげん」とは、薬をすりつぶす「薬研(やげん)」という器具に由来しています。

舟型のくぼみに円盤状の器具を擦り付けて薬をつぶす受け皿の舟形の凹みが軟骨の形状と似ている事から「やげん軟骨」という名前になったそうですよ。

合わせて、居酒屋の【ラストオーダーは英語で通じる?】をチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語クイズ
英語の達人をフォローする
関連記事
英語の達人WORLD
タイトルとURLをコピーしました