突然バスが消えた!ドイツのクリスマスを満喫のはずが…?【ドイツで女子大生してました(2)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
突然バスが消えた!ドイツのクリスマスを満喫のはずが…?
突然バスが消えた!ドイツのクリスマスを満喫のはずが…?【ドイツで女子大生してましたvol.2】

<突然バスが消えた!ドイツのクリスマスを満喫のはずが…?>ドイツで女子大生してました[#2]

海外留学したら、やっぱり周辺の観光はしておきたいですよね。

私はドイツに留学している間、たくさん旅行をしました。
数えてみたらヨーロッパの国々などを、合計で18カ国旅行していたようです(笑)

スポンサーリンク

12月に旅行したのは、ドイツのクリスマスマーケットめぐり!
ドイツのクリスマスマーケットは日本のみならず、世界でも有名ですね。

私は東西南北を3度に分けて出かけました。

初めはベルリン、ドレスデンなど北ドイツへ、2度目はフランクフルトなどの中部へ、そして3度目のフィナーレはミュンヘンへ。

そして、そのミュンヘンで事件は起きました。

クリスマスマーケットを満喫し、帰宅するため夜行バスを待っていた時です。
バスの位置は専用アプリで特定できるので、あと5分くらいかなと思っていた次の瞬間・・・画面上のバスが消えたんです!!

スポンサーリンク

何度リロードしてもバスは復活せず、他のバス運転手に聞いても「知らないよそんなこと、消えたんならバスは消えたんでしょ?」と言われ取り付くしまもなし。

同じバスに乗る予定だった乗客たちと途方に暮れながら待つこと2時間。
ようやく臨時のバスが到着しましたが、正直寒すぎて凍死してしまうのではないかと思いました…

突然バスが消えた!ドイツのクリスマスを満喫のはずが…?

ようやく帰れると安心したのもつかの間、臨時バスの運転手が「高速道路をおりた後の道がわからない」と言い始めたのです。

スポンサーリンク

結局、乗客のひとりがマップアプリを使いながら案内し、予定時刻の7時間後に無事家にたどり着くことができました。
海外って日本では考えられない事がたくさん起こるな~と思ったクリスマスでした。

次回はドイツの年越しをお伝えしますね!

今回の記事で気になるバスですが、バスが止まる目印となる【バス停】って英語で言える?も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました