【コールドゲーム】は英語で通じる?通じない?「試合中止を宣言する」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

野球やソフトボールの【コールドゲーム】は英語で通じる?通じない和製英語?

【コールドゲーム】は英語で通じる?通じない和製英語?
【コールドゲーム】は英語で通じる?通じない和製英語?

「コールドゲーム」は英語で【通じる】

野球やソフトボールなどのスポーツにおいて、試合が打ち切られる事を意味する「コールドゲーム」は英語でもそのまま通じます。

ただし気を付けなければいけないのは「コールドゲーム」のスペルです。

スポンサーリンク

コールドゲームと言えば、ついつい[cold game]と書きたくなりますが、コールドゲームは英語で[called game]と表現します。

実は英語の[call]という単語には「呼ぶ・電話する」などの意味以外にも、野球などで審判が「判定(審判)を下す」という意味があるんです。

つまり、コールドゲームは審判によって「試合終了!」と判定される試合という事で[called game]と表現される訳ですね。

スポンサーリンク

ただし、英語では「コールドゲーム:called game」という使われ方はあまりせずに「試合中止を宣言する:called off the game」という使われ方をします。

例文として、「審判はコールドゲームを宣言しました。」は英語で[The umpires called off the game.]などと言えばオッケーです。

合わせて、野球の【二刀流は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました