【マンツーマン】は英語で通じる?通じない?「マンツーマンレッスン」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1対1で行う事を意味する【マンツーマン】は英語で通じる?通じない和製英語?

【マンツーマン】は英語で通じる?通じない和製英語?
【マンツーマン】は英語で通じる?通じない和製英語?

「マンツーマン」は英語で【内容によって通じない】

先生1人が生徒1人を指導するなど、1対1で行う事を日本語では「マンツーマン」と言いますが、英語では話の内容によって通じない表現です。

そもそも、この「マンツーマン:man-to-man」という表現はバスケットボールなどで、相手選手1人に対して味方1人が徹底的にマークして守備する「マンツーマンディフェンス:man-to-man defense」が由来になっている言葉です。

スポンサーリンク

英語では、アメリカンフットボールやバスケットボールなどの団体競技において、1対1のディフェンスをする事という意味では使われますが、それ以外の1対1で行う指導や会話などについては使われないんです。

生徒と教師、上司と部下などの1対1を意味する「マンツーマン」は英語で[one-on-one]と表現しましょう。

例文として、「私は英会話のマンツーマンレッスンを受けている。」は英語で[I take one-on-one English conversation lessons.]などと言えばオッケーです。(private lessonsでもオッケーです)

スポンサーリンク

もう少し、マンツーマンという表現に「面と向かって」というニュアンスを出したければ[face-to-face]という言葉を使っても良いでしょう。

例えば「彼女と面と向かって話した方がいい。:You should talk to her face to face.」などと言える訳ですね。

最近日本でも、会社での上司と部下との1対1の面談を「ワンオンワン:one-on-one」と言ったりする事も増えてきていますが、英語では「マンツーマンのカウンセリングがある。:I have one-on-one counseling.」なんて言えますよ。

スポンサーリンク

ちなみに、英語の「マンツーマン:man-to-man」には「率直な態度・腹を割って話す」というような意味がありますが、「男と男の会話」というようなニュアンスもあり使い方が少し難しいので気を付けましょう。

合わせて、生徒に勉強を教える【塾は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました