アメリカで日本男子がモテている!?→真実が辛すぎる【こんなとこだよアメリカ(12)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アメリカで日本男子がモテている!?→真実が辛すぎる【こんなとこだよアメリカvol.12】

<アメリカで日本男子がモテている!?→真実が辛すぎる>こんなとこだよアメリカ[#12]

「日本女性を妻に娶り、イギリス風の家に住み、中国人のコックを雇い、アメリカ人の給料をもらう」
というのが理想の生活だ、という有名な国民性ジョークがあります。

昔ながらの従順な(?)日本人女性は、海外では理想とされているようですが、では日本人男性はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

私がアメリカの大学に留学していた時、同じく留学生だった日本人のオシャレボーイ君はとても人気でした。

片言の英語とジェスチャーで乗り切れる人間性を備えていた彼は金髪のイケイケ美女たちにとても可愛いがられていました。

友人と夜飲みに集まっても、外でコーヒーを飲んでいても、「今日オシャレボーイはいないの?」「オシャレボーイを呼ぼうよ!」と言われる程。

積極的にアタックしているのかな?と思えるほどボディータッチも多く「オシャレボーイ君モテモテだな…」と最初は思っていました。

スポンサーリンク

ある日、女の子達とガールズトークをしている時、好みの男性の話になったので「皆オシャレボーイが大好きだけど、正直なところどうなの?」と聞いてみました。

日本好き女子は「アニメに出てくるキャラみたい!彼は面白いし最高よ!」

キラキラ女子Aは「中学生みたいで可愛いわよね!」

キラキラ女子Bは「ノリがいいからパーティーにはかかせないわ!」

スポンサーリンク

なんて評価だったので、さらに「男性としての魅力という意味では…?」と聞くと、全員一致で「だって彼は腹筋がないじゃない!きっと私よりも体重が軽いわよ!それにパンツピチピチ!笑」とのこと。

illustration by Moriwaki

腹筋(筋肉)がない=男性としての魅力なし&髪の毛毎日セット+おしゃれ着=女々しい(特にスキニー系はNG)ということだそうです。

「それよりもあなたの寮にいるアメフト部の彼、紹介してよ!」と、オシャレボーイ君はあっさり話題から消えてしまいました…。

スポンサーリンク

もちろん個人の好みもあるかとは思いますが、基本的には鍛え上げられた体で、余裕のあるデニムと体にフィットしたTシャツをシンプルに着こなし、矯正された白い歯がないと米国式モテ男子には入れてもらえないようです。

なんか…オシャレボーイごめんよ!と心の中でつぶやいた私でした。

次回は、アメリカの大学で謎に包まれた秘密の寮の実態をご紹介します!

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になる、ガールズトークをする場所の定番【オープンカフェは英語で通じる?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました