アメリカの大学生活が狂わされる!?→青春と地獄を同時に味わえる謎の組織【これがアメリカの女子大生(17)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アメリカの大学生活が狂わされる!?→青春と地獄を同時に味わえる謎の組織
アメリカの大学生活が狂わされる!?→青春と地獄を同時に味わえる謎の組織【これがアメリカの女子大生vol.17】

<アメリカの大学生活が狂わされる!?→青春と地獄を同時に味わえる謎の組織>これがアメリカの女子大生[#17]

アメリカの大学に存在する「フラタニティ」というものをご存じですか?

アメリカのドラマや映画に詳しい方なら耳にしたことがあると思うのですが、アメリカの大学にはフラタニティと女性版のソロリティという社交クラブのような組織が存在します。

スポンサーリンク

ちょっとピンと来ないかもしれませんが、日本の高校の「部活」と大学の「サークル」を混ぜてさらに何かを足して煮詰めまくった不思議な要素を持った組織です。

フラタニティ・ソロリティには長い伝統があり、創立時から決まった儀式や活動を行なっており、メンバーになると、本物の家族のような関係を築くことになります。

活動はイベントの主催や社会奉仕活動など多岐に渡り、キャンパス内で共同生活を送ったりしますが、名門校のフラタニティにはアメリカの歴代大統領や有名人も所属していて、その人脈を選挙やビジネスに大いに活用することもあるほど。

各団体によって特徴がありますが、キャンパスの人気者たちが所属する団体主催のパーティは満杯で入れない事も。

スポンサーリンク

ある日、15話で紹介した現役ママ大学生のカレンが「これ行こうよ!」と持ってきたのはソロリティの勧誘会のチラシ…。

実は、フラタニティ・ソロリティに入るにはいくつか条件をクリアする必要があり、中でも厳しいのが入会のための修行とも言える「プレッジ」という地獄の審査期間…。

アメリカについたばかりの頃、プレッジを受けた男子達が、毎日しごかれたり、上級生のパシリをさせられたりしているのを目の当たりにしていたので、「私は無理!」と思っていたのです…。

illustration by くうな
スポンサーリンク

キャンパスのイベントはほぼその団体が仕切っていて、「青春そのもの!」で楽しそうではあったものの、「自分には無縁だな〜」と思っていたのですが、カレンが誘ってきたのはキャンパス内でも超ハードなプレッジで有名な所…。

「勧誘会だけなら付き合うよ…」とシブシブついていったのですが、私の大学生活がそこからガラリと一変してしまうという事を当時の私はまだ分かっていませんでした…。(次回へ続く)

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になるフラタニティーやソロリティーの勧誘ですが、【チラシは英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました