フランスのオタク女子の大好きな漫画→「知らない」と答えた結果…【フランスは今日も平常運転(5)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フランスのオタク女子の大好きな漫画→「知らない」と答えた結果…
フランスのオタク女子の大好きな漫画→「知らない」と答えた結果…【フランスは今日も平常運転(5)】

<フランスのオタク女子の大好きな漫画→「知らない」と答えた結果…>フランスは今日も平常運転[#5]

フランスで大切にされているクリスマスを前に、私が通っていた語学学校ではパーティーが開かれました。
参加者は生徒と先生、そしてその家族。

始まりの合図があるわけではなく、各々が勝手に雑談するゆる~いパーティーです。

スポンサーリンク

私も、クラスも国籍も違うさまざまな方と交流していましたが、そんなとき先生から紹介されたのが先生の娘のコリーヌです。

なんと彼女は日本語で話しかけてきたのです!

マンガ好きが講じて日本に興味を持ち、現在日本語を学んでいるとのことで、母である先生に、パーティーに行けば日本人(つまり私)と交流できると言われて来たようです。

簡単な自己紹介を終えると、彼女は前のめりに「私、大好きな漫画があるんだけど、あなた知ってる?」と話しかけてきました。

スポンサーリンク

フランス語のタイトルなので、当然聞いたこともありません。
ストーリーを聞いてもよく分からず、私の知っているマンガを言っても彼女は首を横に振るばかり。

コリーヌは私が知らないとわかって落ち込むかと思いきや、「知らないなんてもったいない!」と、マンガ熱が大爆発!

好きなものに関して話し始めると熱くなるのに国は関係ないようで、興奮しすぎたためか、途中からは完全にフランス語。

illustration by バレrina
スポンサーリンク

早口のフランス語でまくしたてるコリーヌの単語を拾うのに私は精一杯です。

マンガ愛を1時間語り尽くしたコリーヌはとても充実した表情。
彼女の母である先生には「いいヒアリングになったわね」とウィンクされました。

コリーヌは満足気でしたが、私自身は思うように話に乗れなかった事もあり、ちょっとした心苦しさが残りました。

海外にいれば、有名人でなかったとしても自分が日本代表。

スポンサーリンク

私の場合はマンガでしたが、自国の文化については最低限知っておくことを強くおすすめします。
何がきっかけで話がはずみ、友達になるかわかりませんから!

さて、次回はフランスでは日常的(?)なナンパについてご紹介します!

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になる漫画ですが、少女向けに描かれた【少女漫画は英語で何て言う?】も記事でチェック!

タイトルとURLをコピーしました