スポンサーリンク
AI英会話スピークエルスピークエルをapp storeでダウンロードスピークエルをgoogle playでダウンロードAI英会話スピークエル

【車内販売】は英語で何て言う?「ワゴン販売・車内販売員」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新幹線などの【車内販売】は英語で何て言う?

新幹線の【車内販売】は英語で何て言う?
新幹線の【車内販売】は英語で何て言う?

「車内販売」は英語で【onboard sales】

新幹線などの電車の中で、食べ物や飲み物などを乗客向けに販売する「車内販売」は英語で[onboard sales]などと表現します。

ここで使われている[onboard]は、飛行機・電車・バスなどの「乗り物内で提供される」という意味で、[sale]は「販売・売買」などを意味する単語です。

スポンサーリンク

つまり、英語では「乗り物内で提供される販売」というニュアンスで車内販売を表現する訳ですね。

例文として、「JRが新幹線の車内販売を終了すると聞いて残念だ。」は英語で[It’s a shame to hear that JR is ending onboard sales on the bullet train.]などと言えばオッケーです。

他にも、「車内販売」の英語として、食べ物を乗せた「(車内の)ワゴン販売」というニュアンスで[onboard food cart sales]などと言っても良いでしょう。

スポンサーリンク

例えば、「新幹線のワゴン販売で最も人気があるのはコーヒーだ。」は英語で[Coffee is the most popular item for onboard food carts on bullet trains.]などと言える訳ですね。

ちなみに、新幹線の車内販売を行う「車内販売員」は英語で[food cart crew]や、もう少し広い意味で[cabin crew]などと言えるので覚えておきましょう。

合わせて、車内販売がオーダー方式で残る新幹線の【グリーン車は英語で何て言う?】をチェック!