英語で【金持ち】を表現する色は?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「赤・青・白」のどれが英語で【金持ち】という意味があるでしょう?

英語で【金持ち】を表現する色は?
英語で【金持ち】を表現する色は?

英語で「金持ち」の色は【ブルー】

英語には[blue blood](直訳で「青い血」)という言葉があります。

元々は「貴族・上流階級出身の人」という意味でしたが、 現代では家柄に関わらず「金持ち」という意味でも使われるようになっています!

日本で「青い血」なんて言うと冷徹・非道なイメージを思い浮かべますが、なぜ英語では「貴族・金持ち」なんて意味になるのでしょう?

由来は諸説あるようですが、昔の欧州貴族は庶民と違い、日焼けをしなかったり、他の民族と血が混ざらない事から肌の色が白く血管が青く透けて見えた事から[blue blood]は「高貴な身分」という意味で使われたようです。

最後に、色の英語検定で実力チェック!
(※表示されない場合はオリジナルサイトでご確認下さい)

タイトルとURLをコピーしました