ロシア人旦那との「ケンカ」が始ま…らない!?その理由は…お互い〇〇ができないから!【海外結婚生活奮闘記マンガ】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ロシア人旦那との「ケンカ」が始ま…らない!?
ロシア人旦那との「ケンカ」が始ま…らない!?【海外結婚生活奮闘記 Vol.08】

<ロシア人旦那との「ケンカ」が始ま…らない!?>ロシア人バレエダンサーとの海外結婚生活4コマ漫画[#8]

「夫婦の日常会話は何語ですか?」という質問ほど酷なものはありません。
なぜならば私たちにでさえ、何語で話しているかわからないからです。

ロシア人旦那との「ケンカ」が始ま…らない!?1
ロシア人旦那との「ケンカ」が始ま…らない!?2
ロシア人旦那との「ケンカ」が始ま…らない!?3
ロシア人旦那との「ケンカ」が始ま…らない!?4

一応、英語だとは答えますが、お互いに第2外国語である英語が堪能なわけでもなく、一応必要最低限のことは言えますが、それ以上突っ込んだ話題になると無言になってしまいます。

スポンサーリンク

ただ、意味が通じず不自由なこともありますが、よいこともあります。

例えば、けんかは夫婦には欠かせないアクティビティですが、余計なことをいうと終わるものも終わりません。
ただ、余計なことを言いたくても英語での言い方がわからないので、それ以上発展しにくいのです。

その上、回りくどい言い方ができないので、素直に簡潔に話ができます。
「好き」は「好き」だし「嫌い」は「嫌い」で終わります。

スポンサーリンク

夫婦喧嘩の始まりは何気ない余計な一言が最も多いかもしれませんが、もともと余計な一言が言えなければけんかにもなりません。

だけど、本気で「きれい好きな割にはだらしない」という言い方を教えてほしいです。

でも、ここにも問題があって、私が英語で言ったところでロシア人にもわからないということです。

前回の話【「それって自慢…???」ロシア人旦那の謎のドヤ顔に、思わず…】もチェック!

タイトルとURLをコピーしました