大混乱!ロシア人の独特すぎるニックネーム【海外結婚生活奮闘記マンガ(24)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大混乱!ロシア人の独特すぎるニックネーム
大混乱!ロシア人の独特すぎるニックネーム【海外結婚生活奮闘記 Vol.24】

大混乱!ロシア人の独特すぎるニックネーム>ロシア人バレエダンサーとの海外結婚生活4コマ漫画[#24]

日本では難しい名前を付けることもありますが、ロシア人の場合は新しい名前を考えるということはほぼありません。

大混乱!ロシア人の独特すぎるニックネーム1
大混乱!ロシア人の独特すぎるニックネーム2
大混乱!ロシア人の独特すぎるニックネーム3
大混乱!ロシア人の独特すぎるニックネーム4

うちのロシア人の名前は「アレクサンドル」というのですが、この名前はロシア人定番中の定番。
それはそれは昔からたくさんのロシア人につけられてきた名前です。

しかも、ロシア人の名前には必ず「呼び名(愛称)」がつけられていて、自分で「こう呼んでくれ」と自己紹介するのが普通です。

スポンサーリンク

愛称で呼んでもいいということは、それだけ気を許しているということにもなり、「アレクサンドル」の場合は「サーシャ」となるのが一般的です。

ロシア人の「アレクサンドル」好きは尋常ではなく、父が「アレクサンドル」という名前にもかかわらず、子どもにも「アレクサンドル」とつけてしまうことがあります。

しかも更に紛らわしいことに、女性の名前に「アレクサンドラ」というのがあり、これも結構よくいます。
もちろん、「アレクサンドラ」さんの愛称もおおむね「サーシャ」です。

10人ロシア人を集めれば3人、4人はサーシャですので、毎回「またサーシャか!」「ここにもサーシャが!」と苦笑いです。

スポンサーリンク

私は、そもそも人の名前を覚えるのが本当に苦手で、外国人の名前などは覚えるどころか発音も難しいという経験を何度もしましたが、ロシア人に至ってはほぼ「サーシャ」なので覚える必要すらありません。

そういえば、日本で一番有名なロシア人の名前(愛称)を知っているでしょうか。
それが「カチューシャ」です。

女の子が頭につけるカチューシャは元はロシア人女性の名前「エカテリーナ」の愛称。
「エカテリーナ」がなぜ「カチューシャ」になるのか謎ですが、そういうものらしいです。

さて次回は、キルギスにある「日本人会」についてご紹介します。

今回の記事で気になる、愛称である【あだ名】は英語で何て言う?も記事でチェック!

前回の話【法律で禁止されたキルギスの結婚方法がヤバすぎる】もチェック!

タイトルとURLをコピーしました